絹の洗濯・お手入れ方法


絹のアイテムは、手にするだけでなぜか
やさしい気持ちになるから不思議です☆
絹用品を大切に長持ちさせるために、
お手入れ方法を以下にご紹介させていただきました。
ご参考にしていただければ幸いです。



中性洗剤を使いましょう。

オシャレ着洗いとして市販されている中性洗剤を使いましょう。
私は、「海へ・・・」というエコな洗濯洗剤を使っています。
絹などのお洒落着洗いに適している洗剤で、
環境にもやさしく、柔軟剤要らずでふんわり仕上がります♪



裏返して洗いましょう。

インナーは裏返して(肌に直接触れている裏面を表にして)
洗うことをオススメします。



出来れば手洗い、または洗濯機手洗いモードで。

絹のお洗濯は手洗い(押し洗い)がオススメですが、
洗濯機の「手洗いモード」でも大丈夫です。
とはいえ私は、ほとんど手洗いをせず(汗)、
手洗いモードで洗っています。



水温は30℃くらい。高温不可です。

手でやや冷たいと感じる30℃くらいの水温で洗いましょう。
温度が高いと縮みの原因となります。
また、お風呂の残り湯などは使用しないようにしてくださいませ。
(お風呂の残り湯は絹をキレイに洗えないばかりではなく、
運気も下げてしまうことになりかねません!)



洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットに入れましょう。

ネットに入れると、洗濯中の衣料の動きが少なくなり、
上手に洗うことができます。
ホックのあるブラジャーなどは
他のインナーにホックがからまらないように
別にしてネットに入れることをオススメします。
ブラジャーのホックは閉じてからお洗濯してくださいませ。



手絞り、もしくは脱水機はほんの数秒で。

手洗いの場合は、よくすすいだ後に、
軽く押してタオルで水気をとるのがオススメです。
シルクは乾きやすい素材なので、水気のあるまま干しても大丈夫です。
ですが、私は正直なところ、脱水機を使用しています。(汗)
脱水機をご使用になる場合は、
最短の15秒前後でとどめるようにしましょう。



陰干ししましょう。

絹は直射日光にあたると黄ばみや色あせの原因となるので、
必ず、日のあたらないところに陰干ししましょう。



アイロンをする場合は低温&あて布を。

絹用品にアイロンをする場合は、裏返しにしてあて布をしてから、
低温モードでかけるようにしてくださいませ。


絹洗濯表示


【絹のお洗濯 注意事項】
  • 乾燥機(タンブラー乾燥)は使用しないでください。
  • 漂白剤は使用しないでください。
  • 日光にあたらないようにしてください。
    陰干ししてください。黄ばみ、色あせの原因となります。
  • 洗剤は中性洗剤を使ってください。
    市販の普通の洗剤は、たいていアルカリ性です。
    絹は酸・アルカリに弱い繊維なので、中性洗剤を使用してください。




ページトップへ